小学校教員

小学校教員になるには@大学と資格と仕事について

当サイトは小学校教員になりたい人への情報を提供するサイトです。

 

小学校の先生というのはやや特殊な仕事ですので、なるにはどうしたらいいのだろうか?と分からない部分は多いかもしれませんね。

 

簡単に説明すると、

 

小学校教諭免許状(一種・二種)取得+教員採用試験合格

 

この2つが必要になります。

 

小学校教員というのは公立がほとんどでしょうから、身分は地方公務員になります。

 

そういうことで採用試験に関しては、やや難しい部類に入るでしょう。
しかし合格が不可能なレベルではないと思います。

 

また採用試験の前段階として教員免許を取得することが必須になります。

 

こちらは四年制大学、短大、通信制大学で指定されている単位を習得することで免許状が交付されます。
この単位の中に教育実習が入っているという形になりますので、教育実習に行くことも必須になります。

 

教員免許の資格は多くの人が持っている

教員免許の資格は非常に多くの方が持っているのが現状です。

 

その内でどれくらいの方が教員になっているかと言えば、とても少ない割合です。
この原因は教員の免許を取っておいた方が良いということで単に取得した人も多いでしょう。

 

また採用試験の合格率がそれ程高くないことが原因です。

 

従って、教育学部に入学して卒業しても先生になれない人やならない人が多いです。
ですから教員免許を取ることがゴールではないと考えるべきです。

 

あくまでも正規採用された段階で目的が達成されたということですから、学校の先生になるには最短でも四年はかかると見てよいでしょう。

 

短大なら二年ですが、勉強時間が限られるので合格するのは現実的ではないと言われることが多いです。

 

一旦採用されると、公務員になりますので、収入や将来性は安定しています。
ですから派手さはありませんが、比較的高収入で社会的な信用も高い職種です。

 

小学校の教員は仕事自体もその人にマッチしていればとても楽しい仕事だと言えるので、なりたい方は目指してみましょう。

 

当サイトでは四年制大学(教育学部)に入学することが、小学校教員の場合にはやはり最短の道だと考えています。

 

理由については当サイトをご覧になると理解が深まると思いますので、是非一読していただければと思います。

 

小学校教員はブラックではない

最近小学校教員がブラックな仕事だと言われることがあるようですが、わたしはそうは思いません。

 

小学校の先生を実際にされている方の中にはそう感じている方もいらっしゃるとのこと。

 

しかしながら民間の一部企業で働いている方の中にはもっと過酷な状況、将来性のなさの中で頑張っている方々が多くいらっしゃいます。

 

そういったことで、正規採用であれば学校の先生は恵まれた環境にあるのは間違いありません。

 

だからと言って過酷な状況にある先生方は楽だという話ではありませんが。

 

ただ、これから目指す方たちに対して、もっとキツイ仕事はたくさんあるということを知って頂ければ、変な先入観で夢を壊さなくて済むと思います。

 

若い方は是非しっかりと将来設計を立てて努力して欲しいと思います(^^)v

 

PRコンテンツ

 

自動車を売却したい方へ
車買取 新潟