小学校教員 魅力

小学校教員の魅力とは何?

小学校教師という仕事の魅力はいろいろとあると言えます。
まずは仕事自体がやり甲斐があるということでしょう。

 

子供たちの成長を見守っていける仕事ですので、その助けになれるというやり甲斐が持てるでしょう。
ただ責任がありますので、中途半端な仕事振りでは対応できません。

 

時には激務だなと思うこともあるでしょうが、それを忘れるくらいに仕事に没頭できるやり甲斐が魅力だという意見は多いようです。

 

ですから打ち込める仕事がしたい人には良いと思います。

 

逆にプライベートを非常に重要視しているという方の場合には教師の仕事は向いていないような気がします。

 

夏休みや冬休み以外の期間は土日以外は授業がありますし、休みの日も出勤ということがあるようなので、プライベートを充実させるのは難しいです。
最近ではまた土曜日に授業を行う自治体も出てきましたので、土曜日は隔週で授業ということになる場合もあります。

 

労働時間は残業という概念はなく、仕事がある程度終わるまで学校にいないといけません。
帰りが夜になるということは普通のことのようです。
(※深夜という意味ではありません)

 

こういったマイナス面はありますが、学校で子供たちと触れ合って学んでいくことが出来るということは何にも代え難い魅力ではあります。

 

仕事自体はキツイ面もあれば、楽しいと思える内容も多いでしょう。

 

待遇面の魅力はどうか?

次に小学校教師の魅力と言えば待遇面です。
こちらは年々給与が上がっていきますし、ボーナスも必ず出ています。

 

地方で働くなら学校の先生が最も給与が高い部類に入る地域も最近では多いと思います。

 

最近流行りのリストラというものが無いですし、身分が保障されていて非常に安定している職業です。
将来不安だという人は先生になると安心ですね。

 

後は教えるのが好きな人はとことんそれが実現できる点も良い所です。
授業だけでなく、自分の得意な分野で部活動の担当者にもなれますし、教えるのが好きな人には魅力的な仕事です。

 

また子供が好きな人にも良い仕事でしょう。
どうしても子供が苦手だという場合は敢えてこの仕事を選ばなくても良いかもしれません。

 

やはり相手は小さい子供なので意思疎通が難しい場合はあります。
大人とは全く違った発想をするのが子供ですので、そういう意味でジレンマを抱えてしまうタイプの人は小学校の先生は厳しいかなと思われます。

 

ただここも慣れがありますので、自分では向いていないなと思っても次第に立派な小学校の先生になっていくものです。