小学校教員 臨時教員

小学校教諭の臨時教員の待遇について

臨時教員に限らず、学校の先生の給与は各自治体によって若干の違いはあります。

 

一般的に臨時教員と呼ばれている職種は、臨時的採用教員という名称になります。

 

こちらは採用試験にまだ通っていない人が産休や病休の先生の代わりに仕事をするという形になります。
ですから仕事としては正規採用の人と同じものになります。

 

同じ仕事量が求められますので、夜遅くまで仕事になることもあるでしょう。
臨時だから早く帰りますといったことは難しいのではないでしょうか?

 

仕事も正規採用の人と同じですので、給与も同じ基準で出るということにはなっています。
ただボーナスは少ないという話です。

 

そして何より、正規採用の先生の場合は年々、昇給していくので臨時教員よりも給与が高くなると言えます。

 

ですから同じ基準で給与が出ると言っても大きな差がありますので、ここは了解した上で仕事についてください。

 

臨時教員の給与については各自治体で確認をしてみてください。
国で統一して同じということではありません。

 

臨時採用教員になるには

臨時教員になるには教員免許状があることが必須です。

 

やはり先生を目指しているという人がやる仕事でしょう。

 

お金が欲しいから、仕事が必要だからやるものでもないなと個人的には思います。
臨時教員をして採用試験においてメリットがあるとすれば、臨採の経験があることで年齢制限の上限が上がるということです。

 

それが果たしてメリットなのかと言われれば微妙なところですが、臨採を続けていてどんどん正規採用が伸びても救済措置的な部分はあります。
ですが、臨採をやっているのは辛い場合がほとんどですので、一刻も早く正規採用を目指して下さい。

 

あくまでも臨時の先生なので、産休で休んでいた先生が戻ってきたらお役御免になるでしょう。

 

もちろんいきなりではなく任期が予め決まっているので、1年の任期であればそこまでは働けます。
そして次にまた臨時採用の口があれば次の学校です。
しかし昇給はなく全てがリセットされてまた初任給的な感じになります。

 

さて長くなりましたが臨時教員について説明したのは、非常勤教員というものもあるのです。
臨時教員は正規ではないのですが常勤の先生です。
それに対して非常勤の先生もいるのです。

 

ちょっと長くなったので次に非常勤教員について説明します。