小学校教員 年収

小学校の先生の年収はいくら?

小学校の先生は公立であれば地方公務員です。

 

給与のレベルで言えば、今では高い部類に入ると思います。

 

民間所得が減っていて、若い人の夢に公務員という職業が入る時代です。
何だか凄い時代だなと思いますし、地方で考えると先生になれればかなり年収は上の方に入るのは間違いありません。

 

具体的な金額について

学校の先生は正規採用された時点では初任給は20万円弱と初任給にしては割りと高いところからスタートします。
大卒の民間レベルで考えても良い方になりましたね。

 

これに賞与も付いてきて、諸手当もあり、年々給与が上がっていく仕組みです。
年齢によりますが、平均して年収は5〜600万円前後だそうです。
役職などでも違ってくるので平均で考える意味は余り無いのかもしれません。

 

現在のところは民間よりも良い年収になるという認識で良いです。
しかも上場企業を入れたとしても遜色ないレベルなのでそこそこの年収は保障されているという状況です。

 

その理由としては基本給が年々上がっていきますし、それプラス諸手当が数万円付く、賞与は必ず毎年総額で100万円以上にも上る訳ですから、これで民間より給与が低い訳がありません。

 

校長先生は年収1千万円クラス

現場の先生で最も給与が高いのはやはり校長先生です。

 

校長先生は試験で昇進できるシステムで、もちろん人物も見られます。
肝心の給与はその人の年齢や勤続年数、どの地方なのかにもよりますが、概ね1000万円を超える年収になります。

 

ですから地方で年収が1000万円を超えるとなると、実質的に神レベルです(笑)。
それ以上の年収の方になると、地方では経営者に限られるでしょう。

 

また大都市になると先生の給与というのは特別高い訳ではないと言えます。
それでも最近の上場企業の平均給与すら超えるレベルだという意見もあります。

 

上場企業の社員と言ってもピンからキリまでありますから様々です。
ですから総じて考えると、やっぱり先生になる方が平均的には給与が高い時代になっていますね。。。

 

しかし今後はどうなるかは分かりません。
10年、20年すると民間給与が上がってくるかもしれませんし、最近では公務員の給与が高すぎるという批判もあるくらいですから未来は分かりませんよね。

 

先生の仕事は安定しているのが魅力

そうは言っても先生という仕事はとても安定しているのではないかと思います。
今後は子供が極端に減っていく時代ですが、一旦、採用されたら問題を起こさない限りは解雇になりませんので、安定した仕事に就きたいという方にはオススメです。

 

ただし、仕事自体は激務であるという表現がされることがあります。
精神的にも肉体的にもハードかもしれません。

 

なぜなら子供との接し方に悩む先生も今多いですし、また小学生なのでかなり活発です。

 

休み時間などは、「鬼ごっこしようよ」と凄い誘われました(^_^;)

 

担任ともなると忙しいとか言ってそれなりに体力的に調整できそうですが、ある程度は子供と休み時間に接していかないといけないでしょうね。
一緒に遊ぶくらいの先生じゃないと子供たちも慕ってくれないと思います。

 

ただ子供たちは元気すぎて遊んでいる内にちょっとしたケガなんかもしてしまうのでいろいろ目を配らないといけない部分が多いです。

 

高学年になると部活とかもありますので、何年生を担当していようが関係なく何かの部活の顧問もやらないといけないでしょう。

 

スポーツが出来る人はそういうことも担当できますので、大変かもしれませんが、学校としては助かります。
もしかしたら、スポーツが出来る人は学校の先生として採用されやすい面があるんじゃないかとわたしは個人的に思います。
スポーツに限らず何か秀でたものがあって部活の担当ができるというのは有利ですからね。

 

後は先生になってからも子供たちにより良く教えるために研修なんかもあるようです。
先生方が集まって意見交換とか研修会ですね。
ですから普通のサラリーマンというよりも24時間先生って気がしないでもありません。

 

多少給与が高くても仕方ないかなと思われる部分は多いです。
日本の場合、特に先生は24時間、先生でないといけない職種で、子供の家庭環境なども心配したりする先生もいるようです。